暖暮 川崎仲見世通店

danbo1

川崎駅近くに最近オープンした暖暮(だんぼ)。

本店が福岡の筑紫野にあり、福岡県を中心に沖縄、東京、静岡に店がある。
関東では東京(池袋)に続いての出店。
見ての通り「九州ラーメン総選挙 第一位受賞」とある。
しかしその総選挙とやらの価値を知らないので、「ふーん。で?」って程度(笑)

到着すると、空席が目立つ店内。
オープン記念でラーメンが安いとか、替玉が無料などのイベントは特に無し。
店の中は少々換気が悪いようで、餃子から出ると思しき煙が充満していた。
これは改善して欲しいな。服に付着するニオイが結構凄いことに。

danbo2

基本のラーメンが700円と、やや強気な価格設定。
福岡のラーメンってボリュームが少なくて、替玉が前提みたいな部分があるよね。
そう考えると、基本のラーメンが850円とも言えそう。こりゃかなり強気ですな(^^;
なべやかん…もとい、替玉150円ってのも割高感がある。

食券を渡すと、麺の茹で加減、辛みだれの量、ネギの有無を尋ねられる。
ネギの有無を尋ねられるのは珍しいと思う。

ラーメン(麺かため/辛みだれ多め/ネギ)
danbo3

スープはクリーミーで円やか。全く臭みがなく、一蘭っぽい印象を受ける。
クセが無く万人受けするかもしれないが、自分にとってはやや物足りない。

写真ではチャーシューが1枚に見えるが、1枚水没しているので計2枚。
うち1枚は割と厚めに切られており、食べ応えがあった。
柔らかく、なかなか美味い。

danbo4

多めにした辛みだれ。
自分のような辛味不感症の人間にとっては、全く辛くない(^^;
『唐辛子の風味がするかな?』という程度だが、アクセントになっていいですな。

danbo5

硬め指定だとポキポキとした感じだが、伸びるのが早い。
「餃子5個+ご飯セット」を注文したのだが、なかなか出てこない。
出てくる前に麺を食べ終えるのも悲しいので、少々ゆっくりと食べたのも伸びた一因だが。
この系統の例に漏れず、やはり麺量も少ない。

オペレーションがイマイチで、ラーメンをあと一口で食べ終える頃に餃子が登場。
そして餃子から遅れること数分、ようやくライスが到着。
オペレーションの改善を切に願う。

周辺は飲み屋街なので、飲んだ後に食べるにはいいボリュームかもね。
コストパフォーマンスの点では、今一歩というところかな。
一蘭よりは安いけど。

総じて、食べ易い豚骨ラーメンと言える。
今や、関東の人間でもある程度の豚骨臭には免疫があると思う。
家系ラーメンでも、店内のニオイがかなりキツい店もあるし。
もっとガツンと強力なインパクトがある福岡のラーメン店、進出してこないかなぁ。
できれば福岡と同じくらいの値段で(そりゃ難しいか^^;)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 暖暮 川崎

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク