It's Shrimp@神楽坂

shrimp1

12月最初の麺は、神楽坂のIt's Shrimp。

少し前にこの店の存在に気付き、エビ好きならば行かねば!と思っていたのだ。
夜は飲み屋で、その店舗を昼間だけ借り受けて営業という、一風変わったスタイル。
記憶にはいくつかあるけど、この形態はあまり存在しないよね。
間もなく独立店舗を構えるらしいので、その前に行っておきたかったというのもある。
この日はアレがアレでアレだったので、昼に訪れることができた。

飯田橋駅B3出口から、坂をトコトコ上がって登り切った神楽坂上という交差点の近く。
今日は寒かったからいい運動だったけど、夏場は歩きたくないな(^^;
到着すると、昼時だったが先客は2。うち1名は会計しているところだ。
ちょっと寂しいが、果たして味的には大丈夫なんだろうか。

shrimp2

主力のエビ麺は、麺量がシングル、ダブル、トリプルから選択可能。
麺の量と、目安(?)となる文言が並んでいる。
160gで満腹になる男って、そんなに多くないと思うんだがなぁ。
240gにしても、一般的な二郎の小より少ないし。
という訳で、当然のようにトリプルを注文する。
しかし麺の量は、女性が満腹になれる量は作らないのかな?と、要らぬ心配をしてみる(^^;

shrimp3

ちょいと変わった丼に、トリプルの麺がみっちり。
事前調査にて、自分の大嫌いなパクチーが入ることも知っていたが、敢えてそのままで。
やっぱり彩りが寂しくなっちゃうもんね。苦手だけど食べられない訳じゃないし。
で、食べてみたら、「あれ?これって俺の苦手なパクチーなの?」というくらい独特の香りはない。
強力なエビの風味に押されてるとはいえ、俺の知っているパクチーさんではない(笑)
何か別の香草なんだろうか。それとも香りが弱めの種があるのかな?
(恐らくパクチーではないと思われるが)

shrimp4

麺は中細で、加水はやや高めだろうか。
最初の食感やスープの持ち上げはいいけど、伸びるのが早いのは残念なところ。

スープは鶏がらベースなのかなぁ?非常に穏やかな味わい。
パンチは足りないが、綺麗に出汁が出ている感じはする。
味付けが薄めだった点が惜しいなぁ。

肉っぽいものが入っていないので、そういう意味での物足りなさはある。
あと、麺240gでも二郎に慣れて満腹中枢がおかしくなってる自分には、やや物足りなさがあった。

しかしながらエビをドーンと主役に据えたラーメンは珍しいし、そこそこ美味しかった。
価格もシングル500円からと、都心部の店としてはかなり良心的。

某フードジャーナリストならこう言うだろう。
『エビが好きな人にはオススメです!』と(笑)

shrimp5
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン It's Shrimp 神楽坂

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク