プマシ@市庁(ソウル)

pumasi1

早くも最終日、11/8の朝食はプマシで。

今回宿泊したホテルからは、徒歩1分とかからない場所にある。
北倉洞は本当に飲食店が多い。
昼はランチ、夜は飲みと、周辺のサラリーマンで常に賑わっている。
明洞や南大門市場からも近いからか、日本人観光客もそこそこ見かける。

このプマシは居酒屋チェーン店。以前、曹渓寺近くの店を2回利用したことがある。
写真では見難いが、看板の左下には「伝統民俗酒店食堂」とハングルで書かれている。
24時間営業で、朝食用の食事メニューもある。
入店したのは朝8時過ぎだったが、夜通し飲んだと思しき10人ほどの団体が賑やかだ。
外に掲示された写真つきのメニューには日本語も併記されているものの、日本語は通じない様子。
※外のメニューには「アソコのにこみ」があります(笑)

pumasi2

朝食メニューは掲示されていなかったが、『シクサハセヨ?(食事しますか?)』と店員が言う。
『イェ(はい)』と答えると、口頭でメニューを挙げ始める。
店員が『スンドゥブ』と言った時点で、スンドゥブを2つ注文した。

pumasi3

メニュー表は無いかと思ったが、棚の下にパネルを発見。
勝手に引っ張り出して撮影(^^;

最上段の手書きのものを含めると、上から3番目がスンドゥブチゲ。
『スンドゥブ』だけだと「おぼろ豆腐」という意味だ。
だが、大抵の食堂では単に『スンドゥブ』だけでスンドゥブチゲを示すようだ。

因みに最上段の、手書きのものは『チョングッチャンチゲ』。
チョングッチャン(清麹醤)とは大豆を発酵させたもので、納豆に通ずる匂いがするそうだ。
以前からちょっと興味があるので、いずれ注文してみよう。

pumasi4

パンチャンとご飯が出てきた。

pumasi5

意外だったのはご飯が弁当箱に入っており、目玉焼きが載っていたこと。
なんだかお得な気分。

pumasi6

グラグラと煮立った状態で出てきたスンドゥブチゲ。
こっちには生玉子が入ってますなぁ。朝から玉子2個食べてしまった(^^;

チゲは比較的あっさりとした味付けで、辛さも控えめに感じた。
スンドゥブの他には定番のアサリはもちろん、イカゲソがたくさん入っていた。

韓国らしい朝食に満足。
昨日のロッテマートで買えなかったモノを、明洞まで買いに行くことにしよう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク