ナグネパジョン@回基(ソウル)

pajeon1

11/7の夜は、パジョンを食べに行ってきた。
上の写真は本館だが、店に入るとほぼ満席で、道を隔てて隣の別館に案内された。

食事をするところではなく飲みが主目的の店なのだが、以前から行きたいと思っていた。
兎にも角にも、大きなパジョンに興味津々。

ホテルから市庁駅に行き、そこから8つめの回基(フェギ)まで地下鉄で移動。
明洞やその周辺だと、会話は無理でも日本語メニューが用意されている店は多い。
だがこの辺りまで来ると、日本語が通じる可能性は考えてはいけないだろう。

pajeon2

メニューはこんな感じ。
左列、上から5番目がヘムルパジョンだ。
注文すると、自分の発音が悪かったのか…。
『パジョンはいろいろある。“元祖”、“牡蠣”、“海鮮”がどうたらこうたら』(←後半は聞き取れてない)
ヘムル(海鮮)パジョンと言ったつもりなのだが、改めてそう言うと、理解してくれたようだ。

更に、その2つ下のコチュティギムもお目当てだったりするので、それも注文。
すると店員が『酒は?』と言うので、ビールも注文。最初から注文するつもりではあったが。
メニューでは、右列の下から3番目がビールである。

コチュティギム
pajeon3

これは早々に出てきた。作り置きか、二度揚げしたものかも。
コチュは唐辛子、ティギム(トゥィギム)は天ぷらのこと。
10数センチはあろうかという巨大な青唐辛子から種を抜き、挽肉を詰めたもの。
一緒に写っている箸の長さと比べると、大きさがイメージし易いかも。

pajeon4

衣を厚めに纏っていて、食べ応え充分。
青唐辛子は全く辛味が無く、ピーマンの肉詰めを天ぷらにしたような感じ。

ヘムルパジョン
pajeon5

比較対象が無いので分かり難いのだが…。
Mサイズのピザを2枚重ねしたくらい、と言っても過言ではないボリューム。

これは『やっちまったか』と思ったが、外はカリカリ、中はしっとりで美味い♪
パジョンは「ネギ入りのお好み焼き」というイメージだったが、これは掻き揚げに近いかも。
普通、パジョンには細いネギが入るのだが、ここのは太いものがゴロゴロと入る。
そして海鮮とは言いながらも、入っているのはイカが目に付く程度。
メニューの一番上にあるウォンジョ(元祖)パジョンには、エビなども入るようだが。

具の種類は少ないが、注文した2つがとにかくボリューム満点。
後から来た地元のカップルは、パジョンだけを注文して飲んでいた。
本来、2人ならそれだけで充分過ぎるほどの量がある。

きっと店員も隣の韓国人の客も『この日本人、そんなに食えるのか?』と思っていたに違いない。
しかしビールも追加注文しつつ、しっかり食い切った。半ば意地で(笑)
流石に腹はパンパンで、限界寸前だったことは言うまでもない(^^;

これだけ食べて、ほろ酔いになって計21,000ウォン。
1,600円強とは思えない満腹感、満足感。ごちそうさまでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

tag : パジョン ナグネパジョン ソウル

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク