トンコポッサム&センコギ@弘大入口(ソウル)

bossam1

11/6の夕食。
ソウルに到着して最初の食事は、ポッサムにしてみた。

ここは9月にテレビで紹介されていて、興味を惹かれた店。
ポッサムって料理の存在は知っていたものの、食べたことがなかった。

ネットで検索するも、日本語によるこの店の情報は非常に少ない。
そんな中、Seoul-Storyというサイトに地図付きで情報があった。
その地図を頼りに、地下鉄弘大入口駅から歩くこと7~8分。
さすがにここまで来る日本人は、ごくごく少ないであろうという場所。
日本語が通じる様子は全くなく、当然ながら日本語メニューも用意されていない。

bossam2

今回のお目当ては、もちろんポッサム。
茹でた肉類を、野菜(葉っぱ)に包んで食べるもの。

盛り合わせである、『モドゥムポッサム』を注文する。
2人以上で注文してね、とか書かれているが、韓国では1人で食事をする人は少ない。
「友達のいない寂しい人」という目で見られるらしいのだ。
それ故、日本のようにカウンターのある店は珍しく、殆どがテーブル席か座敷席である。

話は逸れたが、このモドゥムポッサムは鴨肉、豚バラ、2種類のスンデの盛り合わせ。
他にキムチチヂミ(またはニラチヂミ)、ケランチム(玉子蒸し)などがセットになっている。
1人前12,000ウォン。現在のレートで900円ちょっと。

bossam3

ビール(上から2番目)は中瓶で3,000ウォン。210円くらい。
明洞だと大抵が4,000ウォンだから、少し安めの設定ですかな。

bossam4

パンチャン(おかず)が並び始めた。
野菜はサンチュ、エゴマ、青唐辛子(めっちゃ辛い!)。
チヂミはキムチではなくニラの方ですな。
しかし、ニラがえらく少ないぞ。なんだこれ(^^;
その他、ポテトサラダ、リンゴサラダ(?)、白菜キムチ等々。

モドゥムポッサム
bossam5

結構ボリュームがあるねぇ。
鴨肉はスモークしてあるようで、風味がとてもいい。そのまま食べても美味。
スンデも臭みがなく、バラ肉は柔らかく仕上がっていた。

鍋のような蒸し器のようなモノをカセットコンロに載せ、蒸気で温めながら食べる。
この温めながら食べる、という点でこの店に行ってみたかったのである。

bossam6

ケランチムが出てきた。日本では茶碗蒸し的な紹介をされる事があるが、全く別物だ。
出汁が入った玉子をトゥッペギ(1人用の小さい鍋)に入れて焼いたもの。
チム(またはッチム)というのは、蒸し料理のはずなのだが、明らかに焼いたもの。
焦げ臭さがあって、少々残念な感じ(^^;

bossam7

モヤシが入ったあっさりしたスープ。
肉の脂が洗い流されるようだ。

bossam8

切干大根(?)のキムチ。
味付けはもちろん、パリパリとした食感がよろしいですな。

bossam9

パンチャンの中で、なかなか気に入った一品。
皮付きのピーナッツの和え物。ナムルの一種になるんだろうか。
青唐辛子がピリリとしていて、ほどよい塩気があって美味い。

パンチャンの一部を除いて、完食するとすっかり満腹に。
ビール1本と合わせて、会計は27,000ウォン。2人で2,000円に満たない安さ。
円高に感謝しなきゃならんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 韓国料理
ジャンル : グルメ

tag : トンコポッサム&センコギ ポッサム 弘大入口

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク