8/5-6の旅行

obasute1

8/5から2日間の記録。

結果的に2日間でラーメンを3杯食べているが、これは副産物みたいなもの。
自分の最大の目的は、『姨捨駅を再訪すること』だったのだ。
それだけではアレなので、ラーメンも含めていろいろ盛り込んでみた。

川崎駅には4:30過ぎに到着。
青春18きっぷを使用し、普通電車ばかりを乗り継いでいく。
まずは京浜東北線で東神奈川、横浜線で八王子、中央線快速で高尾へ。
ここからは松本行きの普通列車(427M)に乗り込み、ようやく旅らしくなってくる。
2時間半ちょい揺られ、最初の目的地には8:55に到着。

kamisuwa

上諏訪駅のホーム上にある、無料で利用できる足湯。
かなり温度は高めのお湯で、10分ほど浸かったが足が真っ赤(^^;
この時点では意外と涼しかったのだが、体はポカポカ、汗がじんわり。

9:32には、次の列車(429M)で終点の松本まで。
駅弁を買い込み、長野行きの列車(1227M)に乗車。
そして長野までは行かず、次の目的地にて下車。

obasute2

姨捨駅。日本3大車窓の1つで、善光寺平(長野盆地)が一望できる。
ホームからの眺望が素晴らしいだけでなく、スイッチバック駅なので鉄分も補給可能(笑)

日本3大車窓の1つであることを知らずに通過した8年前、天気が悪かった。
しかも鉄道に関する知識は今ほどではなく、スイッチバックであることすら知らなかった。
ドアが閉まり、逆方向に発車してから『あ、スイッチバックだったんだ』と気付いた次第(^^;
そんな訳で、是非とも再訪してみたかった駅なのである。

obasute3

暫くすると、本線を駆け上がってきた列車がスイッチバックしてホームに入ってきた。
飯田線直通の快速みすず(3524M)天竜峡行き。JR東海の綺麗な車両だ。
それに対し、JR東日本の車両は115系ばかりで見劣りしますな。味はあるけれど。

obasute4

上りホームには、善光寺平を見渡せるようベンチが設置されている。
JR東日本も粋なことをしますな(笑)
という訳で、向こう側のホームに移動しての撮影。
この眺め、素晴らしいですなぁ。天気も良く、再訪した甲斐があるというもの。
因みに手前に写っている線路は、かなりきつい勾配の本線。

ゆっくりと駅弁を味わい、のんびりしてから13:00発の列車(433M)で長野へ。
ここでラーメンを食べに行ったのは、既に日記に記した通り。

myoko

ラーメンを食べ終え、土産物などを買い込む。
そして15:16発の妙高7号(3327M)に乗車。
かつては快速だったのだが、今は各駅停車となった妙高号。
旧型の特急型電車を使用しているが、エアコンの効きが甘くて実に暑かった。。。
途中の二本木駅では下車しなかったものの、またもスイッチバックを堪能。
この妙高号は直江津行きだが、二本木の次の新井で下車。

kubikino

新井には別段目的があった訳ではなく、次の列車へ乗り換えるのみ。
30分ほど待って、17:01発の快速くびき野5号(3375M)に乗車。
この車両も特急型電車だが、妙高号よりも内装が綺麗でエアコンの効きも良かった。
ふぅ、生き返りますなぁ。

直江津までは各駅停車だが、それ以降の新潟までは特急並みの停車駅となる。
なのに扱いは快速なので、青春18きっぷでも利用できてしまう。素晴らしい。
日本海を望む青海川駅付近では、海に日が沈み行く光景も拝むことができた。
でも周囲の乗客には見慣れた光景なのか、車窓には興味が無い模様。勿体無いなあ。

長岡には18:31に到着。
夕食として安福亭に行ったのは、日記に記した通り。

明けて8/6、当初は8:27発の電車で水上へ向かう予定だった。
しかし7/30の大雨による被害で、六日町~越後湯沢間が不通になってしまった。
そこで長岡~高崎は新幹線を利用しようかと考えた。
が、代行バスを使えば時間はかかるものの、青春18きっぷだけでも移動はできる。
そして上越線のループ線も通ることができる。

などと考え、長岡5:43発の普通列車(1722M)で六日町まで。
そこから代行バスにて越後湯沢へ。鉄道より時間はかかるが、代行バス初体験もできた。
越後湯沢8:13発の普通列車(1726M)に乗り、水上へ。

途中には2箇所のループ線がある。
二度目の体験となるループ線だが、やっぱり乗ってるとあんまりピンと来ないな。
緩やかな長いカーブが続いてるだけで、トンネルばかりで眺めがいい訳でもない(^^;
そんなこんなで、8:51に水上に到着。

minakami1

水上発9:05に乗ることもできたが、高崎問屋町に早く着き過ぎてしまう。
なので、敢えて乗らずに駅周辺をブラブラしてみることに。
どうやら近くに転車台があるようなので、それを見に行くとしよう。

minakami2

これがその転車台。
この周囲は公園のように整備されて綺麗だ。
しかし、この転車台が稼動する時-つまりSLが運行される時-以外は閑散としてるんだろうなぁ。

minakami3

別の角度から。
やはり、稼動しているところを見てみたいものですな。

水上からは9:38発の普通列車(734M)にて高崎問屋町へ。
そこから大者に行ったのは、日記に記した通り。

大者で食べ終えてからは高崎に出る。
そして12:17発の特別快速(3150Y)に乗り込み、横浜まで。
横浜までは2時間以上かかるが、グリーン車利用で乗り換えもないので快適快適。
そして川崎に帰り着いたのは15時前。

久しぶりに鉄道乗り倒しの2日間。
楽しかったけど、やっぱり疲れますな(^^;
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

tag : 旅行 鉄道 青春18きっぷ

コメントの投稿

非公開コメント

水上、今年の冬に久々のスキーで訪れました。泊まったホテルが上越線の、川をはさんだ向かい側だったのですが、電車が全然走ってこない・・・

ダイヤを調べてみて驚きました。ローカル線なみの列車密度なのですね。

Re: タイトルなし

●74chanさん
コメント遅くなってすみません。。。
上越線の水上~越後湯沢間は、一日5往復程度しかないんですよねー。
「余白の美」を感じる時刻表になってます(笑)

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク