ラッキー食堂 まとや@長野

matoya1

8/5の昼食は、まとや@長野。

長野に行った経緯はまた別の日記に記すとして、久しぶりの長野。
どこかでラーメンでも!と調べてみると、アレな一品を出す店があるようだ。
そうと知ったら、取り敢えず行ってみるしかないでしょうな。

長野駅からは、近からず遠からずといった距離。
しかしクソ暑い中だったので、実際よりも長く感じたなぁ。
しかもこんな外観なので、最初はラーメン屋だと気が付かずスルーしそうになる(^^;
よくよく見ると"Chinese noodles matoya"と書かれてありますな。

少々昼時を過ぎて店内に入ると、数名の客、そして賄いを食べている店員が座っている。
我々が着席すると、賄いを食べていた店員が注文を取りに来た。
食事しているなら、接客は別の店員が担当すればいいのになぁ…と思いつつ注文。

メニューはこんな感じ。
matoya2

ゴリラー麺(麺300g、野菜半増し)
matoya3

『元祖格闘系ラーメン』などという、意味不明な文言が並ぶこのラーメン。
麺は200gと300gがあるが、同一価格なので迷わず300gに(笑)
で、野菜は少なめ、普通、半増し、増し、鬼増しなどがある。
少し前に駅弁を食べているので、野菜は半増しにしておいた次第。

一見した感じでは盛りは良さそうだが、丼はそれほど大きくない。
これならば量的には何の問題もないだろう。

matoya4

ラーメンそのものは二郎を想像させるが、特徴の無い自家製の中太麺。
かなり柔らかめに茹で上げらてますな。
柔らかめと言えば聞こえがいいが、伸びた状態の一歩手前かな。
300gにしたことを後悔し、残そうかとも思った(汗)

スープはハッキリ言って、味が無い。
油多めの、塩味のタンメンにニンニクを溶かし込んだような風味。
肉は味が抜けたパッサパサの鶏ムネ肉で、何故か甘い味付け。

外観以外は、二郎的な要素はまるで皆無。
単に『量が多いラーメン』として見ればいいのかもしれないが、このルックスでそれは無理。
どうしたって二郎を想像してしまう。するなという方が無理(笑)

という訳で、腹は満たされたが心は全く満たされず、トボトボと長野駅に戻ったのであった。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン まとや 長野

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク