FC2ブログ

新横浜ラーメン博物館

ramenmuseum01

夜は新横浜ラーメン博物館へ。

通常の入場料は300円だが、Suicaで入場券を買うと250円と少しお得。
今はフリーパスもかなり安くなり、3ヶ月が500円、1年が800円。
最初はフリーパスも考えたけど、年に1~2回しか行かないしねぇ。

という訳で、今日の目的は8月いっぱいで卒業の「蜂屋」。
来月からは蜂屋が食べたくなっても、旭川に行かなければ…。
と思っていたのだが、神楽坂に店ができるらしい。

しかし、『卒業メニュー』なるものが最大の目的。
これは神楽坂店ができたとしても、扱うことはなさそう。

歴代ミニセット
ramenmuseum02

蜂屋の初代、二代目、三代目、という味の変遷を一度に体験できる。
今日は2人でシェアしたが、3人まではシェア可能らしい。

初代
ramenmuseum03

二代目
ramenmuseum04

三代目
ramenmuseum05

代を重ねることによって、独特の『プラスチックが焦げたような匂い』は弱くなる。
三代目などは、魚介出汁が強く出ていて上品な感じ。
初代はかなり強力なプラスチック臭(笑)
二代目はそれらの中間的な存在。
敢えて違いを強調しているようにも思えるが、食べ比べられるのは楽しい。

1500円を高いと見るか安いと見るかは、人によって受け止め方が違うだろう。
自分は「安い」と思った。

ラ博に来ておきながら、一軒で帰ることはあり得ない。
次は「井出商店」へ。

ラーメンの出来上がりを、コレを食べて待つのだ。
ramenmuseum06

ごくごく普通の、鯖の押し寿司。
和歌山県民は、これを食べてラーメンが来るのを待つのが一般的らしい。

特製中華そば
ramenmuseum07

チャーシュー、メンマ、スープの全てが塩辛い!
美味いんだけど、しょっぱさにヤラれた感じ。
水をがぶ飲みして店を後にし、さてもう一軒。
お次は「駅」。

ミニ正油ラーメン
ramenmuseum08

井出商店での早すしがじんわり胃に効いてきたこともあり、ここではミニを。
4月に訪れた時は味噌を食べたので、今日は正油にしてみた。
油の層が厚く、冷め難いのは味噌と同じ。
醤油の香ばしさも出ているが、やっぱり味噌の美味さには及ばないかなあ。
あと、かなりの塩辛さ。スープはレンゲで2~3回掬って飲んだ程度。
腹がいっぱいになってきたというのも大きいが(^^;

いや~、満腹満腹。そして満足満足。
結局、ラ博に行くと3軒くらい行ってしまうんだよなぁ。反省。

【おまけ画像】
ramenmuseum09
ramenmuseum10

蜂屋の卒業キャンペーンとして、食券(の半券)でくじ引きができる。
見事(?)、3等をゲット。
詳細は↓をどうぞ。
蜂屋卒業スペシャルサイト
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン博物館 蜂屋 井出商店

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。
コメント大歓迎ですが、名無しの方や「通りすがり」なんていう名前の方はスルー確率が上昇します。

台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: