FC2ブログ

とらきち家@東白楽

torakichiya1

初のとらきち家@東白楽。

以前ほどではないにしても、ここ最近少しだけ家系ラーメン熱が高まっている。
そのきっかけとなったのは、なんといっても六角家@戸塚の衝撃的美味さ。
地元にも雷家という六角家系の美味い店があるんだけど、流石は本家!と唸ったもん。

ってな訳で相変わらずクソ暑い日曜日、とらきち家目的で白楽まで。
かつては吉村家直系として君臨した王道家系列の店である。
王道家は現在、自家製麺に切り替えて吉村家直系からは外れている。

家系といえば酒井製麺だけど、麺に拘りを持って臨む姿勢は素晴らしいと思うなあ。
故・佐野実の『ラーメン屋が麺作らなかったらスープ屋だ』は名言だと思う。
でも麺は製麺業者に任せる分業制も否定しないっす。手間は半端じゃないからね。
製麺業者に自分の店専用の麺を作ってもらうという拘りだって素晴らしいと思うし。

それはさておき、店に到着したのは11時を数分回ったところ。
すぐ近くには、かつての六角家本店があったんだよな~。
既に半分ほど座席は埋まり、その後も続々と客が訪れる。人気あるね~。
食券を購入して適当な席に陣取る。

torakichiya2

少し見辛いけど、左端に『ライス用』と書かれた魅惑的な味変アイテムが。
そして隣には無臭ニンニク、青みがかったおろしニンニク、おろし生姜。
この他には辛味調味料OH! Hotも置いてあったけど、豆板醤は見当たらず。

小ライス
torakichiya3

昨日は飛田給大勝軒でガッツリ食べたので、少し控えめに小ライスを。
90円と安いんだけど、量的には3口程度で終わってしまう量。
これならあと30円出して普通サイズのライスにすれば良かったかも(^^;

ラーメン+海苔(油多め)
torakichiya4

ラーメン680円、海苔増し80円とリーズナボー。
以前は麺硬め油多めが家系での基本だったけど、最近は油多めのみ。
ほうれん草がたっぷり入っていていい感じだね~。

torakichiya5

六角家ほどの濃厚豚骨ではないけど、豚骨感高めのプースー。
醤油がガッツリ効いて、全体の味わいは杉田家に通ずるものがあるような。
これは何も入れずに食べても充分に美味し♪

torakichiya6

色合いがいい感じのチャーシュー。
元々は吉村家直系の系列店だけあって、スモークされたいい香り。
しっとり柔らかく、文句なしに美味し!

torakichiya7

食感は家系御用達、酒井製麺を硬めにしたような感じ。
最後までいい食感が保たれて美味しく頂ける。
麺は増さなかったので程よい量ですな。

torakichiya8

卓上にあったライス用のアレを載せ、海苔で巻いて食らう。
美味い、美味過ぎるぞコレ。豆板醤が無くてもコレがあれば沒問題だ。
次の機会にはライスは普通サイズ、または大盛にしなきゃならん(笑)

torakichiya9

途中で青みがかったおろしニンニク投入。
無臭ニンニクも試してみたけど、やっぱりこっちのおろしの方が香りがいいね。
食後のニオイ?そんなものは気にしてはいけないのだ(笑)

麺とライスを食べ終え、しょっぱウマーなプースーを啜る。
かなりの塩分濃度に思われたので、完飲は思い止まった。
味薄めにして、プースーを存分に味わうものアリかもしれないな~。

ともあれ、思っていた以上に美味くて大満足。
ごちそうさまでした。

【データ】
とらきち家
住所: 横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
詳細: 公式サイト参照
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン とらきち家 東白楽

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。
コメント大歓迎ですが、名無しの方や「通りすがり」なんていう名前の方はスルー確率が上昇します。

台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: