庄頭豆花担@忠孝復興(台北)

zhuangtou1

10/28の昼、食後のデザートってことで庄頭豆花担へ。

麻膳堂からは800m程度と、距離的には大したことがない。
が、麻辣牛肉麵効果で汗だく、加えて外気温は30度で蒸し暑い。
台湾の人達にとっては、この程度の気温は涼しいレベルだろうけど(^^;

麻膳堂を出てから10分ほどで、目的地に到着。
MRTを利用して行くなら、最寄り駅は忠孝復興かな。
開店時刻の12時を少し回っており、店内の客入りは4割ほど。
注文をするカウンターには4名ほどの行列。

zhuangtou2

ここの特徴は、いくつトッピングをしても値段が変わらないこと。
種類を多くすると、一つ一つの量は若干減るみたいだけどね。
また、豆花は一般的な白、黒豆を使った黒の2種類から選択可能。

前の客が注文するのを眺めていると、自分の番が回ってきた。
豆花の種類とトッピングを伝え、会計して受け取る。
中国語オンリーだけど、豆花の種類とトッピングが発音できれば沒問題。
空いている席に座り、いただきマウス。

豆花(一半一半)+芋圓+紅豆+花生+南瓜泥
zhuangtou3

豆花は白と黒から選べるけど、一半一半(ハーフ&ハーフ)でお願いした。
で、毎度お馴染みの芋圓(芋団子)、紅豆(あずき)、花生(ピーナッツ)。
それらに加え、下調べで気になっていた南瓜泥(カボチャペースト)も追加。
これで50元は安いと思うな~。

南瓜泥はこの店イチオシっぽくて、まったりとして美味しい。
ほのかに酸味も感じられた。

豆花(一半一半)+芋圓+花生+何か
zhuangtou4

妻が注文したもの。花生やらなんやら。
自分で注文した訳じゃないのでよく覚えていない(^^;

zhuangtou5

白豆花と黒豆花のコントラスト。
「黒」といってもガッツリ黒い訳じゃなく、ほんのり黒みがかった程度。
一緒に食べ進めたので、味や香りの違いはあまり感じられなかった。
別々に食べればまた違ったかもしれないけど。

我々が食べている間に客は続々訪れ、店内はほぼ満席に。
昼食を終えた40代~50代と思しき、男性のみ4名のグループもいた。
台湾では、男1人で豆花やかき氷を食べている姿、珍しくないんだよね。
老若男女、甘いものを食べる文化が根付いてるんですな。
ちょっと羨ましいぞ(笑)

よろしければポチッとお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓


【データ】
庄頭豆花担
住所: 台北市市民大道四段73號
詳細: 台北ナビ参照
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 海外レストラン
ジャンル : グルメ

tag : 豆花 庄頭豆花担 台北

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク










スポンサード リンク
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
スポンサード リンク
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク