麻油雞湯麵

mayouji1

久しぶりにインスタントラーメンの記事を上げてみる。

今日はアレがアレのため、家での夕食は無し。
二郎@川崎にでも…と思ったんだけど、微妙な天候で気分が萎える。
そんな訳で、台湾で買ってきたインスタントラーメンをアレンジして食べてみよう。

この麻油雞湯麵は台湾インスタントラーメンの中でもお気に入りの一品。
『麻油雞』ってのは胡麻油、生姜、酒で鶏肉を煮込んだ料理。
台湾でよく見かけるものだけど、由来は大陸(中国)なのかな?

『湯麵』は、読みは「タンミエン(タンメン)」。スープのある麺料理のこと。
スープのない麺料理、日本で「汁なし」とか「あえそば」というものは『乾麵』という。
読みは「ガンミエン」。

台湾の麺料理として有名な、「牛肉麵」ってのがある。
文字通り牛肉が主たる具なんだけど、メニューには「牛肉湯麵」も併記されていたりする。
その場合は具の牛肉はなく、牛肉を出汁に使ったスープに麺が入った料理なのだ。
ちょっと混乱するよね(^^;

ということで、この『麻油雞湯麵』ってのは、具としての鶏肉は入っていない。
鷄出汁のスープと麺だけのインスタントラーメン。
鶏肉が具として入ってる『麻油雞麵』っていうインスタントラーメンもありますぞ。
少々前置きが長くなったけど、このラーメンをアレンジするのだ。

mayouji2

判り難いかもしれないけど、麺はかなり細め。
3分茹でろとか書いてあるけど、そんなに茹でたらデロデロ必至なので注意が必要だ。
右に写っているのは胡麻油と酒。

mayouji5

粉末スープも付いてます。
これに大きくアレンジを加えて調理してみよう。

麻油雞湯麵タンメン ←勝手に命名(笑)
mayouji3

キャベツやニンジンといった野菜に、小ぶりのエリンギを8本ほど。
これらを軽く炒めてから煮込み、煮立ったらそこに麺と粉末スープを投入。
野菜から水分が出て味が薄まるので、塩を適宜追加して完成。
後ろに写っているのはウエストエンドというローアルコールビール。

mayouji4

煮込みは2分程度だけど、それでも結構柔らかい。
しかも時間の経過に比例してどんどん伸びていくので、早く食べなきゃ。

麻油雞湯麵は、そのままでもあっさりしていながらコク深くて美味しい。
野菜とエリンギを煮込んで加えたので、これらの旨みも加わって想像以上の美味さ。
我ながらこれは気に入った!豚肉を多少加えると、更に美味くなるかもね。

野菜とエリンギで400gくらいあったので、食べ応えも充分。
意外にも満足感高め。
…とはいえ、二郎食いたかったなあ(笑)

よろしければポチッとお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン インスタントラーメン 麻油雞湯麵 台湾

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク