白寿@新潟

hakuju1

ホテルをチェックアウト後、老舗の白寿へ。

朝と同じく、またも古町方面へ。
ここは職場の新潟県民からオススメされた店。
実のところ、うま煮そばが売りってことで『ラーメン屋じゃなくて中華屋か』と思った(^^;
しかし調べてみると老舗の有名店、しかもワンコイン!ってことで、俄然行く気に。

中華のカトウと同じく、このままラーメン博物館に入っても全く違和感無しの外観。
開店時刻11時半の少し前に到着、既に暖簾が外に出ているので店に入る。
先客は無し。店主は黙々鍋を振り、うま煮そば用のあんかけを作っている。
店内の年季の入り具合はモノ凄い。清潔感には少々欠けるかな。

hakuju2

昔はいろいろあったらしいけど、メニューはこれだけ!
ラーメンの掲示は折り曲げられていた。
今日は無いんだろうな…と思いつつ、ラーメンも注文してみた。

すると『○×△□、ラーメンやってないんだよねー』とのお言葉。
前半の○×△□は聞き取れなかったけど、やってないのは間違いない。
じゃ、うま煮そば2つで。

hakuju3

メディアで紹介されることなんて、あまり気にしてなさそうな店主。
…に見えるんだけど、誇らしげにこれが壁面に貼られていた。
少々待って、調理完了!

うま煮そば
hakuju4

出てきた瞬間、干し海老のいい香りが!
店内には香っていなかったので、少々意表を突かれた。

うま煮は白菜やモヤシ、そしてひき肉を炒めてからスープを入れてとろみをつける。
そして溶き玉子が入る点に意外性を感じますな。

hakuju5

見た目に反して、餡は胡椒が結構入っていてスパイシー。
でも玉子が入ってるからまろやか。
これは唯一無二のうま煮そばだねえ。面白い!

hakuju6

麺は中華料理屋でよく見かける、細縮れ。
茹で時間がかなり短くて、2分弱で麺上げって感じかな。
量は案外あって、うま煮も腹にずっしり来る。
全体的にはあっさりしてるんだけど、500円とは思えない味とボリューム。

狭い店内は、いつしか満席になっていた。
やって来る客は、店に入ると同時に「うま煮!」と注文してる。
多くの常連が付いてる店なんだろうなあ。

これが700円だったら何とも思わないけど、ワンコインなのだから頭が下がる。
所謂中華の麺料理にカテゴライズされるものではあるけど、これはリピートしたいな。
ごちそうさまでした。

よろしければポチッとお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓


【データ】
白寿
住所: 新潟市中央区西堀通6番町900-2
詳細: 食べログ参照
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 白寿 新潟

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク