永樂米苔目@北門(台北)

yongle1

10/17の朝食2軒目は、永樂米苔目。

喜多士豆漿店からはMRTを乗り継いで、北門駅へ。
迪化街へは、駅からは徒歩で7~8分。
MRT松山線が開通して、迪化街に訪れるのが楽になったなぁ。

迪化街にはドライマンゴーと油飯を買いに来たんだけど、先ずは食べよう。
『孤独のグルメ』のロケをやっていたこの辺りには、飲食店が豊富にあるのだ。
という訳で、以前から食べてみたかった米苔目(みーたいむー)。
米から作った、うどんのように太い麺。

ローカルな雰囲気満点な店に入り、空いている所に着席。
口頭で注文かな?と思ったら、オーダーシートがあった。

yongle2

米苔目をご飯代わりにして、おかずと一緒に食べるものなんだと思う。
が、既に少し食べているので、食べてみたかったものだけをお願いしよう。

yongle3

店内にもメニューが掲示されていた。
オーダーシートに記載されているメニューの方が多いけど(^^;

米苔目(湯)
yongle4

米苔目とニラを湯がいてお碗に投入し、スープをかけてでき上がり。
台湾のこの手のものは例外なく、見た目通りの超あっさり。これもまた然り。

初めて食べる米苔目は意外ともっちり感はなく、プツプツ切れる食感。
味付けは控えめな塩味で、やはり何らかのおかずと一緒に食べるのが良さそうだ。

米苔目(乾)
yongle5

(湯)は汁あり、(乾)は汁なし。
中央部に赤いタレがかかっていたので辛いのかと思いきや、辛味は感じなかった。
これまたとっても優しい味で、やはり何らかのおかずが欲しいですな。

可愛らしいサイズのお碗で量は少ないけど、1杯20元(約80円弱)だもんね。
食べ終えて会計をお願いすると「すーすー」と言われ、一瞬「???」
漢字で「四十」、標準中国語だと[si4shi2]だけど、台湾訛りだと[si4si2]なんだよね。
日本語をほんの少し覚えただけの外国人が、地方で訛りのある日本語を聞いて戸惑う…って感じと似てるのかも(^^;

初の米苔目、堪能した。
この米苔目はかき氷のトッピングにも使われたりするので、今度はそれを食べてみたい。
さて、これで完全に腹も満たされたので買い物をしてホテルに戻ろう。

よろしければポチッとお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓


【データ】
永樂米苔目
住所: 台北市大同區永昌街7號
詳細: 台北ナビ参照
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

tag : 台湾料理 永樂米苔目 台北

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク