ラーメン藤 本店@十条(京都)

fuji1

今回の旅での新規開拓1軒目は藤の本店。

第一旭の後は、駅前のカフェ・ベローチェで10時半近くまで一休み。
バスターミナルに移動し、81系統のバスで南下して十条竹田街道にて下車。
そこから徒歩5分ほどで、ラーメン藤本店に到着。
結構な老舗で、以前から少々気になっていた店。

11時数分前だったけど、既に営業が始まっていて食べている客もいる。
前倒し開店してたみたいね。
まだまだ空席が目立つ店内で、特に案内も無いので適当に着席。

fuji2

Aセットがお得で魅力的。。。
いやいや、朝に連食してこの後も食べる予定だ。
そんなの注文してる場合じゃない。という訳で…。

ラーメン
fuji3

ラーメンを注文したら、店員さんから「ライスは?」と訊ねられた。
一緒にライスを注文するのがこの店の流儀なのかな。

fuji4

ルックスは油が少なめの第一旭みたい。
スープがなみなみ注がれていて、受け皿にもこぼれた状態で出てきた。

では、取り敢えずプースーを一口啜ってみる。

…\(◎o◎)/!

しょ、しょっぱい。モノ凄くしょっぱい。
しょっぱいモノ好きな自分にもかなりしょっぱく感じる。

先代の二郎@新代田のオープン間もない頃を軽く凌駕するほどの塩辛さ。
店員さんがライスの確認をしたのはそういうことだったのか…と、少し納得。
スープ自体は旨みもあるんだけど、塩辛さの前で出汁が負けてる感じ。
塩気がセーム・シュルト、出汁が村浜武洋ってところか。なんだそれ。
第一旭のスープを油少なめにした後、塩を大さじ1杯ぶっこむとこんな感じになるかも(笑)

fuji5

京都らしいストレートの麺は、モチッとしてて美味しい。
ただ、細いだけに塩辛いスープを容赦なく持ち上げる(^^;
チャーシューは薄切りなのにパサパサだけど、京都標準と思えば気にならない。

fuji6

固形物は食べ終えたけど、スープは最初に1回啜っただけでギブアップ。
可能であれば、味薄めで注文して味わってみたいな。

塩辛さに悪戦苦闘しているうち、いつの間にやら店内はほぼ満席。
空いていた駐車場も満車になってる。
地元民に愛されている老舗なんだろうなあ。

しょっぱさばかりが目立ったけど、これはたまたまだったのかな?
なんとなく本来の味に出会えていないような気がして、今は再訪したい気分。
ごちそうさまでした。

さて、次は一旦京都駅に戻り、北大路付近まで北上する予定。
移動だけで軽く1時間はかかりそうですな。

よろしければポチッとお願いします♪
↓ ↓ ↓ ↓


【データ】
ラーメン藤 本店
住所: 京都市南区東九条南石田町111-1
詳細: 公式サイト参照
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク