ラーメン二郎 栃木街道店

昨年11月のオープン以来、行く機会を窺っていた栃木街道店。
オープンから約3ヶ月、そろそろ味も落ち着いただろうと考えて訪れることに。

浅草駅から9:10発の快速で栃木方面へ。
金券ショップで株主優待乗車券を予め購入しておいたので、微妙にお得(^^;
ticket

栃木駅で東武宇都宮線に乗り換え、10:55に壬生到着。
事前情報どおり、駅前には何にもないぞ(笑)
mibu

栃木街道店へは徒歩で向かう。
途中、歩道の幅が狭く歩き辛い部分もあったが、迷うことなく到着。
まずは入り口に向かうものの、行列は店の裏に回っている。
tochigi1

開店40分前で推定40人の並び。先頭は朝9時から並んでいたらしい…。
我々の前に並んでいた地元の方(黄色い人)は、かなりのラーメン好きの様子。
途中からはフレンドリーに話しかけてくださった。二郎は初めて食べるらしい。
神奈川から食べに来たことを伝えると、驚いた表情で『バカですねぇ(笑)』。

はい、バカですが何か?(笑)
わざわざ栃木までラーメン食いに行くなんてバカだよねえ。
自覚がある分、いくらかマシなのではないだろうか(^^;

12時になって開店、しかし店内には入れず12時半ごろようやく店内へ。
風が冷たくて強くてすっかり冷え切ったが、店内で待てる人数が多くて助かった。
そして13時15分ごろ、やっと食べることができた。

小ブタ(野菜ニンニク)
tochigi2

野猿街道店、小金井街道店で揉まれただけあって、野菜の盛りはさすが。
麺、スープはほぼ完璧。美味い。
ブタはパサついて硬く、味付けも濃い目で正直「???」だと思った。
量的にも4枚で寂しいなぁ…などと思っていたら、野菜の下から肉塊を発掘!
tochigi3

これがホロホロでめちゃウマ。たまりませんなぁ。
これだけでも栃木まで来た甲斐があった…というのは言い過ぎか(笑)
イマイチのブタもあったものの、量はもちろん、味にも大満足。

食べ終えて店を出ても、まだまだ行列は続いている。
tochigi4

この味ならこの並びも納得かなぁ。しかし並び過ぎだよ(^^;

壬生駅まで歩いている途中、車の中から「どちらまで?」と声を掛けられた。
行列で我々の前に並んでいた「黄色い人」だ。
壬生駅に向かうことを伝えると、乗せて行ってくださるとのこと。
ありがたく乗せて頂きました。いや~、いい人だなぁ。
初めての二郎、かなり気に入ったご様子。「これはいいネタになる」とも(^^;

いやいや、地方の人は温かいですなぁ。
これから向かう、宇都宮のオススメの店の情報なども教えてくれた。
参考にさせて頂く事にしよう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

レポ、待ってました

詳細レポ、おつかれさまです!!!

「準備万端」です、株主優待券のくだりは、ハイ。それでも日曜なので大変だったようで・・・。

「川口w」とか言って恥ずかしさ隠したそれがしには

尚の事、正直者ですよね(=誠実)



それにしても、盛りスゴイですね・・・・。

豚が先週とまったく同じ印象なのがアレですけれども。去年はもっと、こう、しっとり柔らかでしたよ。

「黄色い」人は、偶然とは思えません。

読んでて面白いレポ、重ねておつです。

Re:レポ、待ってました(02/17)

●ぼの人さん

前の方といろいろ話しながら待てたので、待ち時間も苦になり…ました(^^;

なにしろ風が強くて寒くて、ぶるぶる震えながらの開店待ちでしたからねぇ。

野菜コールするとすごいですね。増しコールしたらどうなるのやら(^^;;;

去年のうちに1回行っておけば良かったかなぁ。

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク