みんみん本店&酔愛菜@宇都宮

yokocho

藤沢で二郎を食べた後、一路宇都宮へ。

ちょいとホテルでまったりしてから、餃子を食いに行こう。
4月に火災で全焼したものの、すぐ近くで営業を再開した正嗣へ。

masashi

18時ちょい前に到着すると、店内で食べている客はいるものの売り切れ…。
一足遅かったか。。。

minmin1

という訳で、敗北感を味わいながらすぐ近くのみんみんへ。
アホみたいに並んでて気分は萎えたが、取り敢えず並ぼう。
結局、なんと40分も待ってようやく餃子にありついた。

minmin2

税別とはいえ安いよね。

焼餃子
minmin3

メニューには中国語読みで「しゃおちゃおず」と書かれている。
が、きっと中国ではそうは呼ばないんじゃないかなぁ。
台湾では「煎餃(子)」だったり「鍋貼」と呼ばれていた。

それはさておき、お味は普通に美味い。
何年ぶりかで食べたけど、「あれ?こんなもんだったっけ?」という気も。

水餃子
minmin4

焼餃子と全く同じものを茹でたと思しきもの。
箸で持ち上げると、パカッと2つに割れたりしてアレですなあ…。
水餃子用には、もう少ししっかりした皮を使った方がいいのでは?と思った。

正嗣で食えなかった喪失感に加え、長時間並んだ割には…という思いが先立ってしまうかなあ。二郎で40分くらいの並びは大して気にならないけど、ここで40分並んでまで食べるほどの価値は見出せないかな(^^;

という訳で、最初から行こうと思っていた、近くの屋台横丁へ。

suiaisai1

台湾料理を食べながら飲めるらしい、酔愛菜(すいあいさい)へ。
台湾・高雄出身の気さくな女性が一人で切り盛りしている。
「どこから来たの?県外?私は海外から~」みたいな感じ(笑)

suiaisai2

台湾ビールの金牌と、レバーの煮込みのお通し。
レバーの煮込みは生姜が効いていて、臭みがなく美味しい。

水餃子
suiaisai3

「こんしんつぁい入りだよ~」の言葉とともに登場。
因みに「こんしんつぁい」とは空心菜の中国語読みである。
何故その部分だけが中国語なのかは謎だ(笑)

suiaisai4

みんみんで満たされなかったので、ここでも水餃子を注文したのだが…。
スープ餃子が出てきたのは意外だったなあ。
台湾で水餃子といえば茹でた餃子なんだけど、きっと日本仕様にしてるんだね。
餃子は小ぶりながら、皮がもっちりしていて美味い。
因みにスープはウェイパー(味覇)で作ってた(^^;

台湾風パイ包み
suiaisai5

パイ生地の皮に、玉子焼き、肉、水菜、ネギ。
生地には甜麺醤とマヨネーズが塗ってあり、こってりした風味でボリュームも凄い。
いやいや、これは美味いなあ。あんまり台湾っぽくないけど(^^;

suiaisai6

パイ生地は、店の方曰く「つぉんようびん(蔥油餅)だよ~」と言う。
なるほど、蔥油餅だけで食べるんじゃなくて、こういう食べ方もあるんだね。
皮は違うけど、潤餅みたいな感じ。

みんみんの餃子と合わせて、かなり満腹になった。
明日も食いまくりの予定だし、今日はこのくらいにしておこう。

suiaisai7

屋台横丁とはいえ、8席~10席程度の小さな店の集合体。
なかなかいい雰囲気のところで、また宇都宮に行ったら寄りたいと思った。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾料理
ジャンル : グルメ

tag : みんみん 酔愛菜 餃子 台湾料理 宇都宮

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク