十分小館@十分 & その他諸々

shifen01

観光した後の昼食は、十分小館。

朝食後、8時前にはホテルを出発し、先ずは通称「猫村」へ。
台北駅から猴硐駅まで區間車(各駅停車)で約50分、着席できず。
意外と猫が少なく、見かける猫も暑さでぐったりしてる。うーむ。

猴硐には1時間弱滞在後、猴硐駅から平渓線直通列車に乗って十分駅へ。
さすがに土曜日の人気観光路線、通勤電車並みの混雑ぶり。
十分駅からは徒歩20分ほどの十分瀑布を観光し、また十分駅に戻る。
炎天下、かなり歩いて疲れた。店先の「冷氣開放」の文字に誘われて十分小館へ。
が、店内はそれほど涼しくなかった(^^;

shifen02

メニューが豊富。牛肉麺が店の一押しなのかな?
取り敢えず、気になったものをいくつか注文しよう。

燙青菜
shifen03

台湾では好きなものばかり注文していると、野菜不足に陥る(^^;
なので、必ず青菜類を注文することにしている。
この青菜、昨日の夜に食べたのと同じだよね。
野菜の名前が知りたい(^^;

豆干
shifen04

特にクセも無く美味しい。
台湾の豆腐は美味いと思う。

豬油乾拌麺
shifen05

訳すと「ラード汁なしまぜそば」みたいな感じ?
油っぽさはあまりなく、ほんのりと鰹節のような香りが。
これは美味いねえ。

shifen06

平打ちの麺は、コシもそこそこある。

小籠湯包
shifen07

薄めの皮のスープ入り小籠包が8個で90元とは安い。
味もなかなか。

手工水餃
shifen08

手作り水餃子ですな。
小籠湯包に比べると、ごくごく普通のお味。

tiandeng

食後、せっかくなので天燈を上げてみた。

芒果冰
mangguobing

次の列車に乗るまで、もう少し時間がある。
暑くて仕方ないので、十分小館の向かいの店でマンゴーかき氷を。
雪花冰ではなく、普通のかき氷。
ここにマンゴーをトッピングして、練乳をかけてある。
40元は安いね~。

jingtong

十分から、平渓線の終点の菁桐駅へ。
十分も菁桐も、物凄い人出で気分が萎えてくる。
帰りの鉄道で座れないと厳しいので、30分以上前からホームで待つことに。
なんとか座席の確保に成功、車内はすし詰め状態だ。
とにかくゲロ混みで、もう平渓線には乗りたくないな…(^^;
次なる目的地は九份なので、瑞芳駅にて下車、バスで九份へ。

jiufen

夜の九份。
この光景を見たい、というリクエストがあったので行ってみた。

紅糟肉圓
hongzao1

前に九份に来た時に気になった、赤い物体。
それが紅麴を使った肉圓であることを、比較的最近知った。
じゃあ食べてみよう!ってことで行ってみた。

hongzao2

何に由来するのか、少々クセのある香り。
でも二口三口と食べ進むと香りは気にならなくなる。
うん、なかなか美味いですな。

cha

日が完全に落ちるのを待つために、お茶を飲んでやり過ごす。
20時半過ぎまでここに滞在し、台北に戻ろうとしたらバス待ち大行列。
待つのがアホ臭くなったので、タクシーで次なる目的地へ向かうとしよう。
関連記事
スポンサーサイト

tag : 小籠包 乾拌麺 十分小館 十分

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク