麺屋7.5Hz 新橋店

7.5Hz1

仕事で遅くなるので、合間を見て麺屋7.5Hzに。

「バリ男」のすぐ近くに先月オープン。住所は西新橋。
「新橋店」となっているけど、最寄り駅は虎ノ門。

たまたまオープン前に改装しているところを見かけ、少し気になっていた。
東大阪に本店があり、関東へは初進出とのこと。
大阪では数えるほどしかラーメンを食べておらず、ここは知らなかったなぁ。

さて、仕事で遅くなることが確定していたため、ちょっと腹ごしらえ。
日が完全に落ちる前に行けば、そう混んでいないだろうと考えた。
結果、先客1名でのんびりした雰囲気。
昼時はかなり行列してるみたいだけど。

7.5Hz2

麺量が小・中・大とあり、それぞれ140g/210g/280gらしい。
しかし、基本の中華そばが小盛で530円とは、最近のラーメンとしては安い。

中華そばは小→中→大と麺を増やすと、それぞれ100円アップ。
チャーシュー麺は同様に、それぞれ50円アップと変則的な設定。
さてさて、何を注文するかは予め決定していた。

チャーシュー麺大盛+ねぎ
7.5Hz3

粗く刻まれた青ネギがどーんと載って、インパクトあるね。
そして丼からこぼれんばかりのチャーシュー。
薄切りだけど、なかなかのボリューム感。
見た目で満たされた気分になれる。

青ネギはそのままでもさほど辛味はないけど、少しスープに浸すと甘みが出る。
スープはアツアツよりは低めの温度なので、それほどしんなりしないけど。
ともかく、これだけ青ネギが載ってるとそこそこ野菜を摂った気分になる。

スープには豚肉の出汁を少々感じるけど、とにかくガツンと醤油が効きまくり。
食べ進むうちにチャーシューの旨みがスープに移って、味わいが変わる。
しょっぱいんだけど妙に後を引く感じで、結構飲んでしまった(^^;

7.5Hz4

チャーシューはバラと、モモか肩あたりの脂少なめな部位の2種類。
かなりしっかりした味付けで、柔らかく美味。

7.5Hz5

メンマはこの店ではしなちくと呼ぶ。
しなちく(支那竹)って最近はあまりお目にかからなくなった言葉だよね。

このメンマは歯応えが小気味良く、自分好み。
思いのほか多く入っていて、メンマ好きとしては嬉しい。
メンマをトッピングで増してみてもいいかも。

7.5Hz6

独特な食感の太麺。もっちりではない。それほどコシがある訳でもない。
なんとも表現し難い、初めてお目にかかる麺だ。
このラーメンの最大の特徴は、この面白い食感の麺だと思う。
大盛で280g、なかなかの食べ応え。

「めっちゃ美味い!」とは思わなかったけど、不味いということは決してない。
美味いんだか不味いんだかよく分からないけど、なんだか美味いような?(笑)
80年代のMen At Workの曲"Who can it be now?"で印象的だったサックスの音色は、上手いんだか下手なんだかよく分からない「ヘタウマサックス」なんて呼ばれていたことを、ふと思い出してしまった(^^;

なんだかよく分からないけど、ちょっとクセになりそうなラーメン。
案外気に入りましたぞ。再訪は充分にアリ。

7.5Hz7
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : ラーメン
ジャンル : グルメ

tag : ラーメン 7.5Hz 虎ノ門

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク