もっと台湾トークライブVol.4

tw_talklive1

5/18の夜、ちょいと興味のある内容のトークライブに行ってきた。

台湾在住の日本人ジャーナリスト、片倉佳史氏によるトークライブ。
主催者は台湾漫遊倶楽部。

5/18は、羽田に到着するのが定刻であれば16時。
しかしスカイマークが時間通りに飛んでくれるかどうか…。
そんな不安もあったけど、取り敢えず申し込んでみた。
結果、10分ほどの遅れはあったものの、参加には支障のない時刻に羽田着。
京急と都営地下鉄を乗り継いで、春日に到着したのは17:20頃。

事前の案内には↓のように書かれていた。
『会場にて多少ではございますが、おやつをご用意しております』

どのくらいのものが出るのか分からないし、昼食から6時間ほど経過して空腹。
という訳で、近くで軽く腹を満たしてから会場へ。

会場に到着すると、先ずは受け付けで2000円を支払う。
すると引換券をくれた。それを持って中に入り、「おやつ」を受け取る。
うわっ、ずっしり重たい粽(ちまき)じゃん!
しかもここで食べたい人のために、ソースや香菜まで用意されてるっ!
嗚呼、これだったら軽くとはいえ食べてくるんじゃなかったな。。。
という訳で、粽は翌日の朝食に(^^;

tw_talklive2

スケール感が伝わり難いけど、成人男性の拳よりもやや大きいくらい。
ピーナッツがたくさん入ってるねえ。
台湾ってピーナッツをよく食べるよね。

tw_talklive3

香菜の在庫は無いけど、冷蔵庫にあった醤油膏と甜辣醤をかけて食べよう。
う、美味い。。。昨日、すぐ食べてたらもっと美味かったんだろうなあ。

tw_talklive4

中には椎茸、肉、栗などがゴロッと入ってる。
いや~、食べ応え満点ですな。

と、次の日の朝食の話は置いておいて…。
片倉佳史氏は著名なジャーナリストだけど、台湾の鉄道と食にも詳しい。
初の台湾旅行の前に購入した、指差し会話帳の著者でもあった。

内容は盛り沢山だったけど、台湾における中国大陸の料理の話が興味深かった。
戦後、国民党と共に大陸各地から料理人がやって来たのがその始まり。
台湾に根付いた料理、根付かず消え行く料理、根付いたけど台湾化した料理。
日本人の口には、台湾化した四川料理がよく合うんだとか。
その他詳細は省くけど、士林夜市の憂うべき現状ってのも面白かったな~。

休憩を挟みつつ、正味120分オーバーのトークライブはとても面白かった。
この後は懇親会もあり、参加してみたい気持ちもあったけど…。
さすがに旅行の疲れもあるし、今回は見送った。
最後、ちょっとした土産物を頂いて会場を後にする。

以下、戦利品。

tw_talklive5

「芭樂」はグアバのこと。
ドライグアバをお土産で頂いた。
量はそれほど多くないけど、買ったら結構するんじゃない???

tw_talklive6

コーヒーとヌガー。
こちらもお土産の品。

tw_talklive7

これは会場で購入。
台湾に初めて住む人に向けたものだけど、観光にも参考になりそうなので。
現地価格で380元、会場では1500円だった。良心的な価格だと思う。

いろんなものを頂いて、興味深い話をたっぷり聞いて。
これで2000円なら安い。安過ぎると言ってもいいかも。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾料理
ジャンル : グルメ

tag : 台湾 グルメ 片倉佳史 台湾漫遊倶楽部

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク