黄記魯肉飯@中山國小(台北)

huangji1

1/13の昼、今回の旅行での最初の食事は黄記魯肉飯。

今回の宿泊もインペリアルホテル。
昼は徒歩で行ける範囲の店から選ぼうと思っていた。
で、後の行動を考えるとMRTの駅が近い方がいいってことで、こちらに。
前回も候補に入ってたんだけど、行けなくて心残りだったし。

到着したのは現地時刻で12時ちょい過ぎ、というまさに昼飯時。
ご覧のような行列だったが、もしかしたら行列は持ち帰りか?
と思って少しの間見ていたけど、イマイチよく分からない。
なので店員に「内用可以嗎?」と、たどたどしい中国語で尋ねてみた。
店員は「外国人が来た」と思ってか、"OK,OK"と言いながら店内を指差す。
それとともに注文表とペンを渡され、それを持って席に着く。

huangji2

数量はアラビア数字でもいいんだけど、正の字で記入するのが主流とか?
ホントかどうかは知らないけど、とにかく正の字でも通用するらしい。
ってことで、敢えてこんな書き方にしてみた。
記入したものを店員に渡し、待つこと数分。

huangji3

小にしたのでご飯は少なめだけど、これでたったの115元、350円程度!

魯肉飯(小碗)
huangji4

ご飯茶碗くらいの可愛らしい器に盛られ、よく煮込んだ肉が載せられる。
八角がバッチリ効き、干ししいたけの香りもよく出ていて美味いっ!
汁が染み込んだご飯、本当に美味いねえ。
大碗にしてもサラッとイケちゃったかも。

燙青菜
huangji5

燙青菜は「茹でた青菜」くらいの意味でしかなく、文字だけでは食材は不明。
台湾では燙青菜やら炒青菜みたいなシンプルな料理が美味いのだ。
出てきたものに使われていたのはレタス。
日本ではレタスを加熱して食べることは稀だけど、これがまた美味い。
茹でたレタスにソースがかかってるだけなんだけど、本当に美味い。

魯筍絲
huangji6

筍(麻竹)を煮込んだもの。
すごーく柔らかく煮込まれてるんだけど、筍らしい歯応えも少々。
やや薄味で油っこさもあるけど、なんとも言えない美味さ。
思わずもう一皿注文したくなるくらい。

huangji7

こんなに長くて太いのが入ってた(^^;

元々は雙城街夜市の中にあった小さな店だったらしい、こちらの店。
繁盛して今の店舗に移ったんだとか。それも納得。

この値段でこの味が楽しめる台湾小吃、素晴らしいねえ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 台湾料理
ジャンル : グルメ

tag : 魯肉飯 黄記魯肉飯 台北 雙城街

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2ランキング
クリックお願いします^^
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。

スポンサード リンク
台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク