FC2ブログ

シゴルパプサン明洞店(ソウル)

梨大からは地下鉄で会賢へ移動し、南大門で買い物。
大した物は買わなかったが、人波に揉まれて疲れてしまう。
買い物を済ませて一旦ホテルに戻り、少し休んでから夕食へ。

明洞キルのはずれ、世宗ホテル裏にある『シゴルパプサン』へ。
本店は梨泰院にあるのだが、何故か明洞の支店の方が安い。
ここでは韓国の伝統的な田舎料理の定食を食べることができる。

メニュー名も「シゴルパプサン」(W5000)、写真は2人前。
sigolpapsang

小皿料理が25品に、ご飯とテンジャンチゲ。
魚を辛く煮付けたものはあるが、それ以外は野菜。
少々塩辛いとはいえ、非常に健康的だ。

日本人観光客にもそれなりに有名な店だとは思うが、周りは韓国人ばかり。
しかも若者が多い。こういう定食を求めている若い人も多いんだねぇ。
値段が手ごろだから若者に人気があるのかもしれないが。

食べ終えてから、向かいにある『世宗割引マート』で土産物を買い込む。
土産物屋ではなく地元の人が利用する小売店。
韓国のスナック菓子や酒などを安く買える。
W40000分ほど買い込み、これにて本日の行動は終了。


スポンサーサイト



ポトンサラム@梨大(ソウル)

ソルロンタンを食べた後、地下鉄で梨泰院へ。
itaewon

地下鉄の出口から空を見上げると、雲ひとつ無い快晴。
しかし、お目当ての店は休みだった。残念。

そそくさと地下鉄に乗り込み、安国まで行く。
仁寺洞付近をブラついてから、鍾路へ。
鍾閣で、何やら行事(?)があった。詳細は不明。
chongak

そして、復元を果たした清渓川へ。
chongechon

前回の旅行の時は復元工事の真っ最中だった。
ふむふむ、散策するにはいい感じだ。取り敢えず、市庁方面まで歩いてみた。
ちょうど昼休み時で、付近の会社員たちがゾロゾロと歩いていた。

さて、そろそろ昼食の時間。乙支路入口まで歩き、そこから地下鉄で梨大へ。
お目当ての店は、駅から徒歩で5分ほどの『ポトンサラム』。
炊き込みご飯を薄焼き玉子で包んだ「ケランマリパプ」というメニューがウリ。
potonsaram

辛さはなく、実に素朴な味。家庭料理といった趣。W5000なら妥当かな。
もう1つ注文したのは「トルソッピピンパプ」、所謂石焼ビビンバ(W5000)。
pibimpap

こちらはこれといった特徴はないが、ソツなく美味い。
で、韓国では当然のように出てくる付け合せ。
panchan

2人分とはいえ、付け合せだけでもかなりのボリューム。
すっかり満腹になった。

この店は女子大のすぐ近くだけあり、客は若い女性ばかり。
そこにそう若くはない日本人の男女2人。かなり浮いてたかも(^^;


シンソンソルロンタン@明洞(ソウル)

前日夜、腹いっぱい食べて胃がもたれ気味。
しかしながら、せっかく韓国に来ているのだから食べなければ。
というワケで、日本人観光客にもおなじみのシンソンソルロンタン。
有名なチェーン店。

ソルロンタン(W6000)
sollontang1

牛骨、牛肉などを長時間煮出し、白濁したスープ。
ほとんど塩気はないので、テーブル上の塩や胡椒で好みの味付けにする。
そしてそのスープにご飯を投入して食べるのである。
あっさりしていながらコクのあるスープは、何度食べても美味いねぇ。
因みに、この店への訪問は4回目である。

キムチ
kimchi

この店の特徴がこれ。
各テーブルにキムチの入った容器が置いてある。
客は自由にここから取り出し、ハサミで切って食べる。
スープに入れて食べてもまた美味い。
いやぁ、満足。

周りの客は、ほとんどが日本人。店の人も流暢な日本語を話す。
今回の旅では、唯一と言っていい日本語の通じる店だった。


スポンサード リンク








スポンサード リンク
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサード リンク
最新記事
スポンサード リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
FC2カウンター
検索フォーム
スポンサード リンク
プロフィール

sampler7

Author:sampler7

二郎!ビール!台湾!
好きな言葉は『ホップ・ステップ・玉砕』。

リンクはご自由にどうぞ。
(許可/報告とも不要です)
Free to link to this page.

無断転載は固くお断りします。
コメント大歓迎ですが、名無しの方や「通りすがり」なんていう名前の方はスルー確率が上昇します。

台湾関連リンク
台湾情報Pick Up!
食べ台湾!
台湾喜んで
台湾ロングステイ再び!
駐在日記 in Taiwan
葛西健二の台湾雑記
リンク
スポンサード リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: